農業ビジネスの課題を前に実体験をする機会を作る

農業に興味があり、実際に農業ビジネスをと考えていても、まずはどのようなものなのかを「体感的に知ること」は重要なことともいえるのではないでしょうか。
そうした方々のために、農業体験という機会を与えてくれている場所もいくつかあるのです。
そんな体験できる場所について今回は触れていきたいと思います。

「田舎暮らし」の情報を利用する

各県庁などに用意されている、定住のための相談や「ふるさとデータベース」などには市町村の情報があつめられています。
また、「100万人のふるさと」という情報誌を発行していたり、インターネットサイトも用意されています。
その中には、農業・農村体験イベントというものも開催されているかと思いますので、参加をしてみると有益に役立てることができるでしょう。

滞在型市民農園などについて

全ての地域というわけではありませんが、いくつかの市町村においては「滞在型の市民農園」というものが開設されているケースがあります。
実際に滞在をすることによって、風土や地域に慣れたり把握するというスタートも方法といえるでしょう。
そして、「グリーン・ツーリズム」という農業農村体験が出来る場所も整っていますので利用してみるのもまた良いかと思います。

観光農園について

農業体験の中でも、比較的に手軽に取り入れることができるものとして「観光農園」があるでしょう。
こちらは、厳密にいうと収穫体験が出来るわけです。
まずは雰囲気からという部分からも取り入れることができるでしょう。

全てを体験したいという方においては、「市民農園」など実際に土地の一区画などを貸し出してくれるところもあります。
作物を自ら作り育てることができますので良い体験となることでしょう。
市町村や農協に問い合わせてみてください。

同時に、各農家によって体験農園というものを提供してくれている場合もありますのでコミュニケーションをとりながら学んでいくという方法もあるでしょう。

自分が取り入れやすい農作物からはじめてみる

このように、体験と一言でいってもいくつかの選択肢が用意されているのです。
まずは自らが取り入れやすいものから始めてみるというのも良いでしょう。
そして、上記に紹介したようないくつかの体験制度を複数活用してみるというのもまた良いかと思います。