農業ビジネスを自営するか就職するかの選択肢

農業ビジネスに興味があり、中には農業に就職したいという方もいらっしゃいます。
就職ということを考えたとき「自ら経営をする」というスタンスと「法人に就職をすること」という方法があるのです。
それらの方法について今回は見ていきたいと思います。

農業を自営するということ

まず、覚えておきたいのが、農業を本格的に自営したいという場合においても最低でも2~3年という時間を有するということです。

新規就農の相談窓口などで情報を集め、農業をはじめる準備というものもまた必要となってきます。
さらには、自営の準備を進めていく上において現在の会社などにお勤めをしながらという場合もあるでしょう。
先のようなケースも場合には「就農準備校」でその知識を学ぶことも求められます。

自営への支援という部分についてですが、国からの支援措置制度・道府県や各市町村ごとに支援処置が用意されていますので活用していくとよいでしょう。
農業の知識や技術・農地や住環境を確保したいというときにもスムーズにすすめることがしやすくなるのです。

農業法人に就職するという場合

全国新規就農センターは、日本農業法人協会とタイアップをしています。
このことによって、農業法人の求人情報から研修情報まで有益な情報が揃えられているのです。

また、酪農分野に興味がある言う方においては「酪農ヘルパー全国協会」に相談をされるのも良いでしょう。

またより就職がしやすい背景も確立されるようになりました。
2003年から農林水産省の就農促進対策・厚生労働省の労働行政は連携するようになりました。
このことによって、都道府県のハローワークには「最低一箇所は就農支援コーナーの設置」がなされているのです。
ですから、比較的に手軽に農業においても求人情報が収集できるようになりました。

農業への自営か就職かの選択をせねばならない

農業という道においても、こうして大きく分けると2つの選択肢があるのです。
自分自身が進みたい・進むべき方向性はどこにあるのかというものをしっかり定め進めていただくと良いでしょう。
それぞれにアプローチ方法がありますので、違いと同時に把握しておくと有効的です。
どちらが良いというわけではなく、自分にとって最良の道をすすむようにしましょう。